タイの花粉症

毎年春は花粉症。花見なんて苦痛以外にない。だから毎年この時期は、海外に逃げていたのに、今年はとっぷり日本にいるため、花粉症も真っ盛り。

タイに3月から4月居ても、花粉症にならなかったので快適だった。でも、一年の内、一時期1月だったか2月だったか、鼻がおかしくなることがあった。その原因は、マンゴの花。マンゴはウルシ科の植物だから、アレルギー体質の私には辛い。でも大好きだから、いつも沢山食べて、口の周りを真っ赤にさせていた。

マンゴの花は、花とは見えないぐらい小さく白い。乾季の最中、マンゴの花が咲く頃、雨が少し降る。それをマンゴの雨と呼ぶ。雨によって花粉が落ち、1週間もすれば実をふくらませ始める。この1週間、私はマンゴの実が成ることを楽しみにして、花粉症を耐えるのだ。

でも結局、パパイヤと同じで、私が取る前に、誰かに収穫されてしまうのだが。村では、誰がマンゴの木をたくさん持っているのか、わかっていたので、そこに行っていつももらってきていた。農村調査の利点は、新鮮なおいしいものを食べることができること。これに限ります。

それにしても日本の花粉症は辛い。杉には何も成らないんだから。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-03-26 16:37 | タイ諸々