タイの洪水

11月27日の災害救援・防災局が提示した情報によると、
http://www.thaiflood.com/
今回の水害は、62県628郡に影響を及ぼし
死亡373名、不明2名、
22,940,981世帯が被災したという。

中部地方の被害は甚大で
特に工業団地の浸水により
日本企業にもかなりの損害を生じたことは
日本のニュースでも毎日報道されている。

バンコクにいる友達に電話をすれば、
「今、船で引っ越すところ」
「コンドミニアムの5階を借りて、とりあえず避難」
今週は、バンコク内の多くの会社も学校も休み。
冠水のため、交通網はバラバラになり、通勤通学できない人が多い。

そもそもバンコクは、沼地や水路が多かったところ。
それがこの50年ほどで、急速に発展した。
都市中心部の周りに住宅地や商業地が広がり、
下水の整備はまだまだ不完全だった。

10年前、霊媒師を探して東北タイをまわったことがある。
いろんな霊媒師に出会ったが、
預言者タイプの男性霊媒師が結構多かった。
彼ら曰く「バンコクは沈没する!」
だから東北タイに土地を買えというのだ。
絶対に水没することはないからと・・・。
今頃、彼らは、それみたことか、と高笑いしているのかもしれない。

またタイの高度成長期以降、
バンコクに住むエリートたちは、東北部をはじめ、地方の土地を買い始めた。
貯金が少しでもできれば、土地を買う。
それが安全な投資だった。
彼らもまた、やっぱり買っておいてよかった、と思うのだろうか。

東北タイから中部地方の工場に出稼ぎしている人は多い。
すでに出稼ぎではなく、定住している人も多い。
工場が閉鎖になれば、仕事はなくなり、
彼らはどこへ行くのだろうか。
また田舎の村に帰ってきて、
海外へ出稼ぎに行く準備をするのだろうか。

復興時には、建築現場で働く単純労働者が多く雇用されることが
予想されるから、復興バブルで東北タイの人たちもバンコクなどの
中部地方に出稼ぎに行くことが増えるのだろうか。

そろそろチャオプラヤー川が決壊して、
家が浸水しているのではないかと心配になり
バンコク郊外にいる東北タイ出身の友達に電話した。
「マリコ、いつ来るの?
水が家にまで上がってきて、魚がいっぱいいるよ。
今から魚取るところ。早く食べにおいでよ」

うーん、東北タイ人、恐るべし。
この明るさ、救われます。
[PR]

by chachamylove2003 | 2011-10-27 21:24 | タイ諸々