さようなら、お母さん

母が亡くなって一週間。
急な死だったので、まだ実感がもてない。
「体調悪そうなので病院に連れて行きます」と
グループホームの人から電話を受け取ったのは
先週の金曜日の朝。
日本時間9時ぐらいだった。
その時私は久しぶりにタイの母を訪れ、
村の寺の火葬場建設のための布施をしていた。

12時に電話した時は
「救急車で搬送とちゅうです」
1時ぐらいには、医者から電話があって
「今、危篤状態です。1時間ももたないので
来るなら早くしてください」

って、いっても今、タイなんですけど。

3時には「今、お亡くなりになりました」
との電話。
私はまだ町にまででていないかった。

あわててダフ屋(まだタイにはあるんだね)から航空券を買い
深夜便で帰国、通夜、葬式。
あっと言うまに時間が過ぎた。

それから毎日お骨になった母と飲んでます。
生きているときは、あまり一緒に飲めなかったからね。
悲しい、母らしい逝きかた。
寂しい。でも母はもっと寂しかったんだろう。

まだ言葉にできない、言葉にだせない、
私の複雑な気持ち。
大好きよと、母に言い損ねたな。
最後に母に会ったのは、母の日だった。
ちゃんと話せばよかった。

向こうで思う存分飲んで騒いでね。
もう楽になったのだから。

合掌、マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2011-05-21 23:37 | 私的なこと