疲れた

疲れた、疲れた、疲れた

母と二度目のお泊り。
高齢者に優しい旅館でヒットしたのに
高齢者にあまり優しくない造りの旅館だった。

グループホームにいる母と一緒に寝泊りすることはない。
初めて会ったのが昨年。
初めて一緒に温泉に一泊旅行したのも昨年。
もう一度行こうと予約していたところ
母が転倒、骨折、入院、認知症の進行。
予約はキャンセルしてしまった。

最近、元気になり
また歩けるようになったので
「あんたと同居したい」コールと
グループホームに対する文句が増えて
聞いている私も辛くなってきた。
温泉にでも連れて行ったら気分が変わるのではないかと
近場の旅館へ連れて行った。

今回24時間母と一緒にいて辛かったし、しんどかった。
認知症は進行が遅くなることはあっても、
元に戻ることはない。
数秒前に言ったことをもう忘れている。
「自分は一人でできる」と強情に一人で歩き回ろうとする。
モノ探しばかりしている。

どうしても私を苛立たせるのは
「前、あんたと一緒にここ来たやろ?」
と繰り返す母の質問。
昨年、生まれて初めて会ったのだし
初めて会ったとき、もうすでに認知症は
進行していた。
どういう経験をして、どういう過去を持っている人なのか
私は知らない。

「来てない」と何度も同じ答えをすると
「そんなはずはない」と、しつこい。
私のイライラは頂点に来る。
「去年生まれて初めてお母さんに会ったのだから
どこで何をしていたのか、何をして働いていたのかも、
私が知るわけないやん」と答えると
「私はず~っと働いてきたで。今でも働いている!」と。
グループホームで働いているつもりらしい・・・。

認知症は、本人が一番辛いとよく言われる。
父のときも、今の母のときも、思ったけど
やっぱり振り回される方も辛い。
これが他人ならば別。
お仕事として割り切ることができる。

「嫌なことは、忘れたらいいねん。
私は忘れるようにしてるねん」と言う母。
私の名前も、時々忘れてる。
私を産んで捨てた想い出は、
母にとってやはり辛いのかもしれない。

それにしても疲れた。
16年前、父の介護をしていたときは、
睡眠不足と動き回りすぎで、ご飯を食べる時間もなかった。
それでもやっていけたのは、ひとえに若さゆえ。
24時間拘束されることに、もう耐えられない。

グループホームで見せる母の表情は
安心に満ちている。
人の悪口を言いながら、喧嘩しながら
人々の間を廻ってお喋りして・・・。
私がいると気を使うようだ。

やはり時折グループホームに顔を見せるぐらいで
ちょうどいい関係なのかもしれない。

まりこ
[PR]

by chachamylove2003 | 2011-03-25 01:28 | 私的なこと