<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もう一年

d0008374_4574253.jpg

お遍路道中の寺に奉納されたわらじ。

実母と出会ってから一年たった。
その間、母の認知症はますます進行した。
だから未だにどういう人なのか、あまりよくわからない。

生まれてすぐ養子に出された妹に一回、
保証人になっている弟に一回、
昨年死んだ妹の子ども二人に一回。
それがこれまで会った母の親戚。

「ねえちゃん」というのが、「姉」のことを指すのではなく
一般的に年下の女の人のことを言うのだと最近気づいた。
だから弟のことも「にいちゃん」。

こんなだから、母の親族関係を解きほぐすのに時間がかかる。
タイの農村でおばあちゃんたちにインタビューした経験が
今になって役にたつような、たたないような。

大阪の空襲で家が焼けたこと、
四国に疎開したこと、
若いころ市場でコーヒーを売っていたところ、
お湯がかかって足に大きなやけどをしたこと、
整形外科のクリニックで働いていたこと、
職場でいじめられたこと、
お遍路さんに行って迷子になりそうになったこと、

同じ話を何度も聞かされたが
聞きたい話はあまり聞けない。
しかたないと思いながらも、少し寂しい。

すでに母は私を頼りにし、
毎日のように電話をかけて
寂しいと訴える。
一緒に居たいのは私も同じだが
今さら同居できるわけもない。
私は母のことをほとんど知らないのだ。

グループホームで短い間だけ親子を演じ、
できるだけ元気にしてもらう。
そしてたまにお遍路さんに行って、
実母に出会えたことを感謝し、長生きを願う。
そんな一年だった。

これから先、どうなるのだろう。
いくつになっても先が見えない。
それでも前を向いて、わらじがぼろぼろに擦り切れるまで
歩み続けるのが人生。
合掌まりこ
[PR]

by chachamylove2003 | 2011-02-06 06:07 | 私的なこと