<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ポープ・ピーファー?

d0008374_2355237.jpg

娯楽番組主体の7チャンネルで、
「ポープ・ピーファー pop phifa」というテレビドラマが始まった。
昨日、東北タイのモーラム・ピーファーの年中行事を
見てきたところなので、気になって見てしまった。

ポープは東北タイでは、悪霊のこと。
北タイではピー・カと呼ばれる人を喰うと言われて恐れられている。
ピーファー(天上霊)、仏法、ウィサー(呪術)など
何らかの超自然的な力の源となる存在の扱いを間違うと、
ポープになってしまう。
ピーファーは、天に住む精霊で、
私たち人間や動物などを作った創造主である。
雨を降らせ、私たちを助けてくれる良い霊なのだが、
供物が少なかったり人間の行いに気に食わないことがあると
怒って災いをもたらすことがある。
あまりにひどくなると、それ自体がポープとなって、
生きている人の肝臓を喰うのだ。

娯楽番組は、おもしろければいいのだろうけど、
やっぱり気になることがたくさんあった。
まずテレビドラマに出てくるピーファー(天上霊)を憑依する女性は、
時にプータイ、もしくは北部の民族衣装を見に着け、
ラオのケーン(笙)の音とともに北タイ人のように謡う。
もう少し付け加えるなら、若くてきれいな女性なのだ。
ありえなーい!!!!!!
これがバンコクの人々がイメージするピーファーであり、
それを憑依する女性である。

加えて、
天界に住む精霊であるピーファーがなぜか前世で不幸なことがあって
生まれ変わることができない悪霊として描かれていた。
天国と天界は、信仰上異なるものであるはずなのに。
タイでは、最後に仏教が出てきてお話を納めるのが常。
前世や来世は、テレビにも、日常会話にも登場する。
ピーファー信仰は、東南アジアの大陸部の広い地域で見られ、
おそらく仏教よりも前から信仰されていたと推測できる。
仏教の影響を受けるのはしかたがないとしても
前世で振られたにも関わらず、現世に生まれ変わった相手の男性と
彼女との仲を裂こうとするなんて、
創造霊としてはなんと器の小さいことよ。

言い始めたら限がない。マリコ。

d0008374_23555695.jpg

[PR]

by chachamylove2003 | 2009-02-13 00:55 | 東北タイ

モーラム・ピーファーの集まりロン・クアン

d0008374_23353995.jpg


初めてロン・クアンに参加したのは94年のことだった。
ロン・クアンは、モーラム・ピーファーと呼ばれる治療師の儀礼である。
年に二回行われる儀礼に何度参加したことだろうか。
調査目的だったのは、最初の数年だけで、それ以降は調査のテーマも変化したにも関わらず、毎年この時期になると行きたくなる。

タイ陰暦3月と6月の満月の日。
年によって異なるけれど、今年は西暦の2月頃が陰暦の3月にあたる。
ロン・クアンは夜。
月の光に照らされて、治療師は天から降りてきた霊(ピーファー)を
身体に宿して謡い踊る。

d0008374_23363467.jpg

次の日はポン・パ・カーオと呼ばれる儀礼が行われる。
料理とお菓子が捧げられ、鳥や象に扮装した精霊たちが踊るのを
多くの人が見守るのだ。
最後には「特別薬ya wiset」と呼ばれる水が配られる。
ただの水ではない。モーラム・ピーファーが謡いながらロウソクの蝋を垂らした水で
僧侶で言えば「聖水nam mon」。
あらゆる災禍から家族を守る力を持つ重要なもので、人々は争うようにビンやペットボトルに詰めて持ち帰る。

d0008374_23373723.jpg

久しぶりにこの儀礼に参加した。
見たことのある顔が並んでいる。
全員、年をとり、多くが亡くなった。
以前は遠くから来て、泊りがけで、
精霊によるダンス・パーティのような行事に参加する人も多かったが、
今は供物を届け、祝福を受けて、さっさと帰る人が多い。
みんな、忙しいのだ。

呪術や占い、超自然的な力に対する信仰は、ますます盛んになる一方のタイで、
東北タイのラオ系の人々が継承していた、このような儀礼は廃れ、
今や東北タイの若者も知ることがない。
現代的な儀礼に比べ、やたら供物がたくさんあり、タブーもある。
何よりもモーラムというラオ人の謡いが重要であり、謡えない人は治療師になれない。
いまどき、精霊が憑依したからといって急にモーラムが謡えるわけがない。
私に天からの精霊が憑依しないのは、文化的な基盤が違うため。
憑依されたとしても、私に謡える素養がなければ、精霊も困るだろう。
今の若い人たちも皆おなじ。

伝統的な治療儀礼は、複雑な供物を必要とする。
あれはだめ、これはだめといろいろ言われる。
それよりお金を出して、病気の原因を占って終わる簡素化された儀礼の方が今は好まれる。
短時間ですみ、毎年参る義務もない。
人々が集まって何かを行うというわけでもない。
そんなドライな人間関係の上になりたつ精霊信仰や超自然現象は、
都会的であり、現代的である。

でも個人的には、つまんないなと思っている。

久しぶりに会った懐かしい年寄りたちの長生きを祈って。合掌、マリコ。
d0008374_23385586.jpg

[PR]

by chachamylove2003 | 2009-02-12 23:42 | 東北タイ