<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

異邦人の立場

外国人、その国に所属していない異邦人としての立場が好きだ。もちろん定住して日常生活を送ろうとすれば、様々な障壁に出会うことになる。でも、その社会に帰属していないからこそできることがたくさんある。

それは、ありとあらゆる階級や職種の人々と話すことができること。王族、ビジネスマン、公務員、街の屋台のおばちゃん、カフェーのおねえちゃん、ゲイバーのおにいちゃん、ストリートチュルドレン、、、。タイの人の最初の印象は優しい。

でもそれは、私が日本人であるから。もしビルマ人やカンボジア人だったら、たぶん違う扱いを受けるのだろう。昔、南アで日本人が名誉白人として、中途半端な扱いを受けたように、または金持ちの日本人として。嫌でも、自分の日本人であることを変えることはできない。

タイに行くと言えば、バンコクを素通りして、すぐに東北地方の農村に行ってしまう私にとって、田舎の人々や彼らの習慣は、親しみのあるもの。ところがバンコク生まれのバンコク育ちの人々にとっては、「東北タイ?イサーン?一体何があるの?電気、通ってる?生肉食べるの?」という印象しかない。

東北タイには、常に貧困のイメージが付きまとい、映画やTVなどのマスメディアでも、「田舎者」「貧しい農民」「学歴もない」「可哀想な人々」として描かれることが多い。そんなところに、日本人である私が行くこと自体が、不思議でしかたないようだ。

特に私が、問われるまま、中間層以上のバンコクの人たちに、「東北タイ農村で女性の宗教実践について調査しています」と言うと、一様に驚きの声があがる。

「まあ、可哀想に。村の人は、何の仏教知識もないわよ。あの人たちには、学歴もないし、間違った仏教を実践しているのよ」

中間層以上の人々、特に女性は仏教関連書を読み、瞑想修行を定期的に行う人が多い。そしてある種の宗教団体や僧侶に傾倒している。基本的にお勉強好きの人たち、例えば教育者(でも仏教研究ではなくって、結構理系に多い)、公務員の中間管理職、ビジネスウーマン、商店店主など、最低学歴が大卒。

優しい彼女たちは、仏教を知らない日本人の私に「正しい」仏教を教えようと、お寺や瞑想修行に誘ってくれる。ありがたいことなのだが、私にはつまらない。一度、そんな集団修行に参加したことがある。大きく立派な寺院の、広い講堂で、白衣を着た500人ぐらいの女性たちと一緒に瞑想をするのだ。別に女性に限ったものではないのだけれど、圧倒的に女性が多い。布施によって食事は豪華(普段私が食べるものと比べてという意味で)。シャワーや布団も完備。参加者はみんな一様にいい人たちで、優しくニコニコしている。

でもこの人たちには、東北タイの小さな農村で、文字の読み書きもできず、タイ語も喋れない老女が、村一番の積徳家であることなんて理解できないのだろう。

家に米以外の食べ物がない人が、唐辛子と米と道ばたで摘んだ白い花だけを僧侶へ寄進する。何か行事があるときは、家族を守る精霊にご馳走の一部を取り分けて、土の上に置く。子どもの病気は、積徳が少なかったためではないかと悩み、より一層積徳に励みつつ、悪霊を祓う儀礼も行う。

そんな無名の多くの女性たちの行為によって、仏教は日常生活のなかで今まで支えられてきた。決して仏教知識だけが継承されてきたのではなく、行為そのものが宗教の核となっている。宗教とは、なんぞや?その質問の捉え方自体、一つの社会のなかで一律のものではない。

異文化の人々の出会うことによって、自分の生き方を振り返ることができる。自分は、何を信仰しているのか。私も村の女性たちと同じように答えるだろう。
「仏教なんて勉強したことがないから、わからない。でももうすぐお彼岸だから墓の掃除にいかなきゃ。あ、その前に死んだ友達の家に挨拶にいかなきゃ。お布施はいくらにしようか、、、」
私も宗教実践の継承者。死者にも生者、すべての人に感謝しつつ合掌。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2008-03-16 17:49 | 仏教

アンコールワットのとなり

久々のブログ更新なのに、なぜかカンボジア旅行の話。

確か1999年のことだったと思う。東南アジアといえば、タイしか知らない私が初めて他の国に遊びに行った。タイの隣国カンボジアへ。

カンボジアと言えば、アンコールワット。タイから陸路で行った。島国育ちの日本人である私は、陸路で国境を越えることが大好き。国って何だ?誰が国境線なんて決めたんだ?ってなことを考える原点でもある。

アンコールワットは大きかった。高いところにある祭壇に上ったら、高所恐怖症で降りることができなくなり、知らない人たちに励まされてフラフラになりながらやっとのこと降りたり、雨季だったため大きな水たまりをバイクで走ったり、、、。観光客として観光できることが嬉しかったり、、、。それにしても日本人観光客が多かった。私が地図を拡げて見ていると、必ず日本人の高齢男性が声をかけてくれる。
「僕、アンコールワットは5回目だから、何でも聞いて。どこに行きたいの?」
他にもタイ人観光客が多かったので、世間話をしてみたり、、、それなりに楽しいときを過ごした。

ただ石の固まりを3日も見ていると、少し疲れてくる。そんなとき、アンコールの遺跡群に隣接して真新しいお寺があることに気づいた。外国人観光客は行かないが、地元の人は食事などを持って行っているようだ。アンコールワットが過去の寺院とすれば、ここは現在の寺院。今を生きている人々のための宗教の場。

私も昼下がりの暑いときに、そんな小さな寺に入ってみた。タイに長い間いたことがある私にとって、「あ、タイの寺みたい」というのが第一印象。本堂、布薩堂、僧侶の居住場所、講堂などがならんでいる。キンキラキンの仏像が置かれている講堂に入っていくと、なかでは年配男性が数人お茶を飲んでいた。そして私を見ると、何か言いながら手で「おいで、おいで」をした。お言葉に甘えて、私も講堂に上がると、彼らはお茶を入れてくれた。

ありがたくお茶を飲んだのはいいが,なんせ言葉が通じない。お年寄りたちはなんやかんやと私に話しかけてくるのだが、英語も通じない。お互いにどうしたらいいのかわからなくて、気まずい沈黙が始まったとき、私は仏像に三礼して、三宝帰依のさわりの部分を唱えた。

「ナモータサー、パカワトー、アラハトー」

年寄りたちは、わいわい言いながら喜びに満ちた表情をした。
その時の彼らの会話を、勝手に翻訳すると
「おー、お前は日本人なのに、よくパーリ語のお経がよめるな。えらい!」
そして彼らも「ナモータサー」を唱えはじめ、みんなで大合唱になった。
タイ人の発音と少し異なるが、西洋におけるラテン語のように、上座仏教世界におけるパーリ語は仏教聖典を伝える聖なる言葉。仏教発祥の地インドから東南アジアに伝播するとき、仏陀の御言葉はパーリ語によって伝えられた。だからミャンマーでもラオスでも、「ナモータサー」は同じ。私は仏法僧の三宝に帰依します。

一緒にお経を唱えることができたからといって、それ以上の会話は進まない。私はまた暑い日差しのなかアンコールの遺跡観光へと戻っていった。
[PR]

by chachamylove2003 | 2008-03-16 17:07 | 仏教