<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

またまた悲報

人の命なんてはかないもの。
それは知っている、、、、つもり。
10 歳のときから、母の死に目に会い、婚約者の死に顔を眺め、
父の死にゆく心臓の音を聞いていた。

すでに長く生きすぎたのだろうか。
死んだ人をどのように見送ればいいのか、まだわかっていない。
祈る気持ちと祈る姿勢。
常に持ち続けるのは日常生活の中では無理。

だから線香と仏壇もどき(仏像を入れる器)を用意した。
私が責任を持つべき仏壇には、諸事情により近寄ることができず
先祖代々の墓と書かれた墓石に祈るより他ない。
先祖代々の墓には、いつのまにか誰かが野良猫のための家を建て
そこで巣立った猫たちの糞まみれ。
猫が育ったのはよいが、これだけ臭いとご先祖さんもさぞかしご立腹。

祈りたい。
生者にも死者にも。
そういうとき、人はどこに行くのだろう。

タイに墓はない。
近親者のお骨は、寺の壁や仏塔に収めているのでわかるが
例えばお爺さんより昔になると、誰も知らない。
知らない先祖は、タイの場合昇華されて守護霊となる。
親族を守り、田畑を守り、家を守る。
知っている死者だけを弔えばいい。
それがタイ・ウェイ。

日本もそう。
知っている身近な人の霊はどこで弔うのだろうか。
墓は在っても、親族でない限り供養することはない。
まとめて高野山にでも行くか。
それもまたいいアイディア。

墓やら仏壇やらの問題ではなく
この気持ち、身近な人の死を受け入れることができない気持ちを
どこへ向ければいいのか。
弔い、その過程。
親族でない限り許されないものなのか。

だからお寺の前で買った小さな珍念さんに毎日問いかける。
お線香を半分だけ燃やし、少しだけ語りかける。
今日も私を生かしてください。
無念にも先に逝ってしまった多くの人の分も人生を楽しむから。
そして次の日、楽しめなかったことをまた悔やむ。

珍念さん(この字でいいのか?)は、にこやかに微笑む仏像。
「いいよ、それで」
って言ってくれる。

今日もまた悲報を聞いた。
これから先も悲しむ機会は多くなるのだろう。
珍念さんよ、つきあってください。
私が誰かの守護霊となる日まで。
合掌、マリコ。
[PR]

by chachamylove2003 | 2007-01-16 01:17 | 仏教

更年期と霊媒

あっという間に新年。去年一年間、私は何をしてきたのだろうと一瞬感慨にふける。

思えばここ数年、急激にやってきた更年期障害との戦いの日々だったようだ。
女性ホルモンの増減による影響とは、これほどまでにきついものなのか。体調も悪いが、何よりも精神的な落ち込みの方が激しい。単に性格的に鬱っぽいのかと思っていたが、この夏から更年期障害対策に漢方薬を始めたら、様々な症状がなくなった。

誰でも通らなければならない道とはいえ、人それぞれ更年期の過ごし方がある。更年期症状を感じないまま過ごしてしまう人、あまりの落ち込みで自殺まで行ってしまう人、そこまで行かなくてもヒステリーや健忘症などによって、人間関係を壊してしまう人、、、、。

今までいろんな女性を見た中で、一番よい(?)更年期の過ごし方がある。それは霊媒になること。

東北タイで多くの霊媒を捜して、最初に精霊が憑依し始めた時のことを聞き取ったことがある。ほとんどの霊媒が女性であり、霊媒となる前は巫女病とも呼ばれるような病の経験を持っていた。

「ごはんが食べられない」「突然倒れる」「眠りたいのに眠れない」頭痛、嘔吐、しびれ、ありとあらゆる不定愁訴を訴え、病院に行ってもこれといった病気が見つからず、「気のせい」といわれる。そんな状態が続き、占い師や伝統治療師のところを渡り歩いた結果、「これは精霊の何かが、あなたの身体に入り、その身体を使いたがっているからだ」ということを言われる。

「精霊を受け入れなければ、あなたは死んでしまう」と言われ、しかたなく承諾する人がほとんどだ。「受け入れる」とか「精霊が入る」とか、本人たちにどんな状態か聞いてみると、「まるで子供を産むような感じ。精霊が体を突き抜けようとする時、苦しくてしかたない」

こんな精霊を受け入れるということは、その筋の儀礼専門家に精霊を受け入れるための儀礼を行ってもらい、祭壇を用意することである。そのとき儀礼を行って、精霊を身体に受け入れるときの手順や儀礼の仕方を教えてくれる専門家が、将来にわたる師匠となる。

指示を受け、いろいろな儀礼知識を学びながら、霊媒としての道を歩み始めるのだが、最初は新しい自分の立場に戸惑うが、徐々に儀礼を行っていくうちに、不定愁訴もなくなっていく。

なりたての霊媒に話しを聞くと、その独特の世界観もまだ語ることになれておらず、つじつまが合わないことも多いが、人に語ることに慣れてくると、自分の新しい職に自信を持つようになってくる。

「毎晩、男が飛行機に乗って私のところにやってきて、結婚してくれと頼むのよ。それは前世で私の夫だった人。でも私は今夫がいるから、結婚できないと言って何度も断ったのに、どうしても結婚をしてくれと言ってきかないの。夢の中の話しよ。でも霊媒師が彼と結婚しないと、このまま死んでしまうよと言うので、結婚を承諾したの。そしたら急に元気になったわ。今の夫はこの世界での夫。飛行機に乗ってきてやってくる軍人のような男は、あちらの世界での私の夫」

精霊が飛行機に乗ってやってくるのは、かつてベトナム戦争の頃、アメリカ軍の基地があったそばの村だったからだろうか。彼女は前世の夫を憑依し、つまり身体に受け入れ、他の病める人たちの相談にも乗っている。

このような霊媒に共通するのは、精霊を受け入れた後、精神的な落ち着きを取り戻し、あちらの世界とこちらの世界を結ぶ自分の役割を把握し、説明能力に長けているところだ。

私にはそういう独特の世界観に支えられた人生を送っていないから、霊媒になれそうにないけれど。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2007-01-13 18:34 | 東北タイ