<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

麻薬中毒の僧侶

タイは、覚せい剤や麻薬の産地でもあり、消費地でもあるためか、日本に比べて驚くほど、ドラックが巷にあふれている。もちろん非合法である。

現タクシン政権は、麻薬撲滅キャンペーンを行い、売買に関わる者たちを殺してもいいという指示を出したため、これまた警察との銃撃戦による凄まじい数の死者が出ている。警察の方もやりすぎではないかという批判は、当然出ているが、実感として、確かに覚せい剤でふらふらしている若者を昼間見かけることは、少なくなった。

私が滞在していた、東北タイの村でも、覚せい剤でぼろぼろになった若者たちがいた。出稼ぎ先で、薬を覚え、仕事にならずに廃人のようになって帰ってきた人。中学校で覚せい剤を覚え、そのまま廃人になってしまった人。

そうとは知らない私は、最初インタビューをしようと話しかけても、全く会話にならないので、私の言葉が聞き取りにくいのかと思っていたが、覚せい剤中毒のため自宅療養していたことを後で知った。

そんなわけのわからないインタビューの繰り返しだったのだが、村の僧侶もまた、覚せい剤をやっていたので、困った。

ある若い僧侶は、他に僧がいないのをいいことに、村の悪がきどもを集めては覚せい剤パーティを開いていた。村人たちは、それを知りつつ、陰口を言うのだが、直接本人を問い詰めることはしない。しかし村人たちに知られているということは、わかっていたようで、次に村の若者がこの寺で出家すると聞くと、あわてて還俗して出て行ってしまった。しかし次に出家した若者もまた、他の麻薬中毒になったことがあり、今も精神科の治療を受けていた。

なんだかわけのわからない寺だと思っていると、やはり村の若者で、覚せい剤中毒となり、仕事ができなくなった一人が、出家を希望し、見習い僧となった。ますますわけがわからないが、この青年は、中毒によって脳の損傷があるようで、どうしても長い経を覚えることができないため、短期間で寺を去った。

それに対して、麻薬中毒だった若者は、経を朗唱する声がいいと言われ、村人に人気があった。たまにけたたましく笑って、いろんなものを壊すことがあっても、儀礼で経をちゃんと詠めさえすれば、村人も許していたことが不思議だった。

私とのインタビューは、、、、、全くものにならなかった、、、、が。

男なら誰でも出家して、寺に滞在し、食事は俗人たちが運んできてくれる。僧侶は、経さえ詠むことができれば、生きていくことができる。俗人は、僧侶にたいした期待をしているわけではない。単に儀礼を執行するため、功徳を転送する装置として、僧侶という存在が必要であるだけ。だから仏教は、俗人が必要とするものを僧侶が提供しなければならないという点でも、僧侶がリードしているとは言えない。覚せい剤中毒患者の僧侶だっている。僧侶だって、人間なんだ。

でもこの、僧侶という人間、結構生意気なんだ。気の弱い私などは、よく説教を聴かされて、インタビューすることなく、すごすご帰ってきてしまう。こんな人、私だけでないみたい。
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-04-27 00:57 | 東北タイ

タイのマスオさん

日常生活をしている中で、ふと思い出す東北タイ農村での日々。

夕方ともなれば、家の下(高床式の家なので)で、涼みながら、家族や近所の人がおしゃべりをしてくつろぐ。農作業をしていた人が帰宅し、女たちは夕食の支度を始める。

私が泊まっていた家には、まだ1歳にならない子供がいた。となり近所の付き合いが濃厚であるため、ここでは母親が丸一日子供の世話をするということはない。飽きれば、お母さんや隣近所の誰かに子供を預けて、自分の用事をしたり遊びに行ってしまう。そして調査者とか研究者という名目の私の実態は、ベビーシッターだった。

食事の準備ができない私が、預かった子供をあやしていると、近所の若いお父さんたちも、同じように子供をあやしながら集まってくる。やはり奥さんが夕食の準備をしているので、その間、子供の面倒をみなければならないのだ。

何人もの男たちが、小さな子供をあやしながら、仕事の話や近所の噂話に興じている。さながらクレイマー・クレイマーの世界。

向かいの家に目をやると、若い男がうろうろしている。誰かと思えば、その家の入り婿。バイクで出たり入ったりするのだが、家の人は誰一人として出てこない。

<どうしたのだろう?>

彼は隣の村から婿にやってきた。もちろん妻の両親と同居。子供もできたばかりだ。ここ数日見かけなかったのは、実家に帰っていたからのよう。

クレイマー・クレイマーの男たちは、彼の姿を見て説明してくれた。
夫婦喧嘩をして、家を追い出されたために、実家に帰っていたのだが、こうして帰ってきたのに、家の誰も出てこないというのは、まだ妻や妻の両親が怒っているということだろう。

「かわいそうになあ、何があったか知らないけど」
と男の一人がいうと、家事をしていた女の一人が会話に加わり、
「夫が彼女に手を上げたって話だよ。そりゃあ怒るよ」という。

女たちは、当然ながら暴力を振るう男が大嫌い。急に会話に加わる女たちが増え、一斉に殴られた女性側を弁護。男たちは、立つ瀬がない。

「何があったか知らないが、手を出すのはよくないよな」

東北タイでは、結婚後妻方に婿が入るケースが多い。ここにいる男たちは皆マスオさん。子供をあやしながら、奥さん連中の勢いに負けてどうも居心地悪そうだ。

後日、家を追い出された向かいの亭主も、もとのさやに納まり、家に入れてもらえることとなった。ああ、よかった。まわりの人も、「ああ、よかったね」と安堵した。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-04-14 12:30 | 東北タイ

刺青・続

刺青の話で思い出した。

数年前、8月のお盆の頃、朝早く墓参りに行った帰りに市バスに乗っていた。以外に込んでいたバスの中で、年寄りに席を譲る青年がいた。<若いのに珍しい>と思い、ふと顔を見上げると、高校生の頃知り合った友達だった。声をかけようかなと思ったのだが、つり革を持つ彼の腕を見て躊躇した。

このくそ暑い真夏に、暑苦しそうなスーツ姿。長袖シャツの端から見える腕の模様。<え?まさか!>

彼の祖父も父親も会社を経営している地元の名士。いろんな胡散臭い人たちとのつきあいもあった。彼の母親が、結構地元の賭博場に出入りしているっていううわさ話も聞いたことがある。<まさか、まさか?>と思ううちに、彼は若い女の子とバスを降りていってしまった。

後で昔の知り合いに彼のことを聞いた。一族を束ねていた祖父も父も亡くし、長男である彼が柄にも合わず、またその能力にも見合わない社長職を継いでいたが、結局会社は人手に渡ってしまったらしい。その後の彼は没落の途をたどり、ヤクザのぱしりをして覚醒剤も始めるようになったという。

たまたま同窓会のことで、実家に電話した友達が言うには、彼の母親に「うちの子とどういう関係!」と理不尽に怒鳴られたという。悪い仲間と勘違いされたみたいだ。

高校生の時は、ちょっとあほだけれども、憎めないキャラだったのに、どうして人生って人によって真っ直ぐだったり曲がったりするのだろうか。

なんだか遠い世界に行ってしまったようで、寂しくもあり、むなしくもあり。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-04-08 02:29 | 大阪

刺青と僧侶

近所の銭湯で、久しぶりに「もんもんからくり」の人を見た。女湯で見かけることは今までなかったし、プールや銭湯も「刺青お断り!」の看板が多い中、その銭湯にはそんな看板がないことに気づいた。

「もんから」と言っても、足の太ももだけに見事な模様が描かれていた。タトゥーではなく、ちゃんとした刺青。目が悪いので、細かい模様までよくわからなかったが、孫を連れた若いおばさんだった。

タイにも伝統的に刺青がある。タイの場合、宗教的意味が大きく、今も僧侶や還俗者が霊験あらたかな刺青を施してくれる。一色のみのシンプルなもので、とても美しいものとはいえない。

でもそれぞれの刺青には、「銃で撃たれても弾が皮膚を通らない」「犬に噛まれても歯がたたない」「あらゆる悪霊を追い払う」「運勢をよくして金持ちになる」と言った力を持つ呪文が刻み込まれる。変わったところでは、声を使う職業の人のために、舌に色をつけない呪文を刻むと、美声になり魅力的な話ができるようになるというものもある。

タイでは僧侶がいろんなことをする。刺青だけでなく、呪文を書いた護符も作って配るし、聖水を作って悪霊も祓う。また僧侶として瞑想修行を続けると、空を飛び、未来を予測でき、あらゆるものをトランスポートさせることもできる。

また彼らも真剣に「できる」ということを強調するし、「あの坊さんの占いはよく当たる」と評判になれば、人々が行列を作る。

東北タイのコラートにもクン和尚という有名な僧侶がいる。彼に土地権利書を踏んでもらうと、その土地の値段が上がるということで、バブル経済のときは多くの人が土地権利書を持って並んだものだ。現在のタイの皇太子が、クン和尚に面会したとき、和尚に敬意を払わない態度をとったため、皇太子が帰ろうとすると飛行機が壊れただの、車が事故を起こして骨折しただのと噂された。

そんな話になると、タイ人は「そんなの信じない」を言う人を含めて、みな身を乗り出してくる。「これは、どこそこの有名な僧侶がくれた数珠」「これは、護符」「これは仏像」、、、、、またそんなものを私にも「持っていたら、危険から回避できるから」と言って、多くの人がくれるため、うちにはわけのわからないペンダントや僧侶の顔が彫られたコインなどが、山ほどある。刺青は持ち運びに便利だけど、他のものは捨てるのも悪いような気がして、数は増えるばかり。

やっぱり、刺青は体にくっついている分、捨てることを考えなくていいから楽そうだなと、思う今日この頃。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-04-06 17:45 | タイ諸々

美容院と第三の目

異邦人として過ごすとき、誰か地元に詳しい人を探して、いろんな情報を仕込んでおくのがいい。そんな時、いい情報源となるのが、男性ならばタクシーの運転手、女性ならば美容院のヘアドレッサー。

今では大都市と言えるほど発展したが、10年ほど前まではタイのコンケンもたいした町ではなかった。生活していれば当然髪の毛を切りに行くこともある。ある日、小さな美容院を訪れた。

小さな店の中で、中年女性が一人ソムタムを食べていた。私が入っていくと、あわてて食べかけの皿を奥に持って行き、私の髪を切ってくれた。切ってもらいながら、いろいろ世間話をするのが、楽しみといえば楽しみ。当然ながら、「どこから来たの」から始まり、日本人だとわかると「日本はどんなところ?」という質問が続く。タイのどこに行っても、お決まりの質問パターン。しばらくすると、質問が続かなくなってくる。そのときが、私のチャンス。こちらから質問するときが来たのだ。

「どこで生まれたの?」「家族構成は?」と非公式インタビューが始まる。どこに行っても、知らない人の話を聞くのは好きだ。夫とは離婚し、子供は一人。元夫は今はオーストラリアに行って事業を成功させているらしい。でも養育費はもらっていないとのこと。たまに子供に会いに来るし、子供を向こうの学校に入れさせたいと言っている。でも自分は、行きたくなく、ここで自分で働いて生活しているほうが気楽でいい。それに向こうに女がいるみたいだというところまで聞いたあたりで、何か事情がありそうだなあ、あまり深く聞くのはよくないのかなと思っていたところ、目の前の戸棚の上に地母神mae thraniの像が置かれていたので、そちらに話を移動した。

地母神、観音、精霊の話に移ったところ、彼女は身を乗り出してきた。
「観音には、シンガポールで会ったことがあるのよ。とてもやさしそうで、ひと目で好きになったわ」
<あれ?観音が憑依する霊媒の話をしているのかな?>
「シンガポールに行ったことあるの?」
「ええ、よく行くわよ。昨日も行ってきたわよ」
<?????>

彼女は鏡の中の私の目を見つめて言った。
「夢の中でね」
「・・・・・・」
「夢の中で、どこにでも行けるのよ。シンガポール、オーストラリア。夫ともよく夢の中で会うわ。楽でいいわね。お金を出して飛行機に乗る必要がないし、夢の中なら世界中どこにでも行けるから」

私は彼女が、外国人である私をからかっているのだと思った。鋏を持ったまま、彼女は髪の毛を切るのも忘れて、夢で行った先のことをいろいろ話してくれる。でも、私は今までの話がすべて信じられなくなった。夫は本当にオーストラリアにいるのか?本当に金持ちなのか?どこからどこまでが本当なんだろうか。

どのようにして夢の中で遠くにまで旅行できるようになったかという経過を聞くうちに、彼女自身に守護霊が宿り、その憑依の手助けをしてくれた霊媒が、コンケンにいるらしいというところまで、話は進んだ。その霊媒には、ラーマ5世も憑依するらしい。そして彼女は非常にその人物を尊敬していた。

鋏を持った手を休め、鏡ではなく、私の顔を覗き込むように近づいた彼女は
「私の、この、第三の目が見える?」と言って、自分自身の額を指差した。
怖くなった私は、
「うん、見える」と答えてしまった。
クーラーもない暑い室内で私は寒気を感じ、そうそうに退散した。

それ以来、何度か彼女と道で話すことはあったが、髪の毛を切りに行くことはなかった。そうこうするうちに、彼女の店は閉められ、他の人の手に渡った。どうなったのかなと今も気になる。もっと話を聞いてあげることができなくてごめんね。マリコ
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-04-03 01:38 | タイ諸々

精霊と霊媒

東北タイには、精霊phiが多いという。別の言い方をすれば、東北タイのラオ人たちは、精霊を信仰している。このような言葉は、バンコクなどの都会の人々が、「田舎者」の代表としての東北タイ人を軽蔑するときに発せられる。都会であろうと、田舎であろうと、上流階級出身者であろうと、下層階級出身者であろうと、タイ人は精霊の存在を確かに信じていると言っていい。

でも確かに東北タイで、よく精霊phiに出会ったのだ。

そもそも調査のために長期間泊まっていた家の主が霊媒だったこともあり、そんな訳のわからない世界にはまってしまい、車で東北19県を霊媒を捜して走り回ったこともある。だから、かなり突拍子もない話に直面しても、静かに聞く忍耐と適応能力は鍛えられた。

それでもビックリすることは多い。日常生活が、ワンパターンでつまらないということは、長いタイ滞在を通じてなかった。

例えば、「我は、ラーマ5世の生まれ変わりである」と言う霊媒は結構多い。憑依霊ではあるが、国王と会話することができるのだから、緊張の日々である。

霊媒は皆自分の世界を持っている。その世界をうまく築き、現実の世界との折り合いをつけることができた時、彼女(彼)たちは、単なる精神分裂病とは異なり、名実共に霊媒となって、苦しみを持つ人々を癒し始める。

ある霊媒のお婆さんの精霊世界は、戦争体験から来ているようだった。夢の中で守護霊が戦闘機でやってきて、彼女に結婚を請うた。軍服に身を包んだ、その姿はりっぱだったという。ラオスから来た僧侶を憑依する人もいたし、中国やビルマなど外国の精霊が憑依する人もいた。地上界だけでなく、天界、地下界もあり、過去や未来が交差する。インタビューする私の頭は、見事にこんがらがった。

このような話を馬鹿にしてはいけない。それによって病を癒されたという人々が、どれだけ多いことか。低学歴で貧困に苦しむ社会的弱者は無知だから、このような怪しげな精霊に頼るのだと捉える人がどこの国でも多い。しかしオウム真理教事件を考えてみれば、様々な苦悩を抱えた、高学歴で有能な人々が、麻原に癒された神秘体験を信仰の柱に教団を築いていったことを思い起こすだろう。精霊が悪いんじゃない。修行や憑依などの神秘体験が悪いのでもない。常に自分で判断することが大切だと思い知らされる。

毎日が精霊や超自然的力の話であふれている、そんな東北タイは癒しの地と言えるのかもしれない。
[PR]

by chachamylove2003 | 2005-04-01 15:55 | 東北タイ